秋映の碑

中野市の一本木公園にモニュメントを設置し、先日除幕式がありました。
りんご、「秋映」の育種に取り組み、信州の代表的なブランドのひとつに育て上げた小田切健男さんの功績を称えるものです。ご本人は11年前に亡くなられていますが、同級生を中心に建碑の委員会を立ち上げこの日に至りました。

                               「朝日新聞」より
当日は晴天で、モニュメント横の秋映が見事な色に熟していました。
委員会の方々から喜びの温かい言葉をいただき、良い企画に参加できたことをうれしく思いました。皆様ご苦労様でした。



Knife rest


フランス料理のワールドカップ、「ボキューズ・ドール国際料理コンクール」で、浜田シェフ率いる日本が3位になってからもうじき1年。この大会でも使われた写真のステーキナイフは福井県の越前打刃物。浜田さんが腕を振るう軽井沢の『ユカワタン』でも使われています。
「アンシンメトリーの美しいフォルムをお客さんに知ってもらうために、テーブルセッティングの際縦に置きたい」という浜田シェフのリクエストにお答えして、ホルダーを製作中。 私の定番作品『おいしい石の調理法』をアレンジ。とても切れるナイフなので、置いただけで石が切れてしまったというお遊びデザイン。
ナイフ置きと箸置きも兼ねたいという事だったので、右側には自然のくぼみに見せた段をつけ箸も置けるようにしました。
さーて、これを30個近くいろんな石で製作予定。うーん楽しい大変。

お地蔵様


頼まれていた地蔵の顔の改修が終わった。もうじき七回忌を迎える先代住職が、子供の頃兄弟で野球をしていて壊してしまい、めったに怒らなかった先々代住職にこっぴどく怒られたとの事。
似たような石を探し輪郭は他の地蔵に合わせて彫ってみたが、据えてみるとまた直したくなるがこのくらいでご勘弁。60年以上顔の代わりをしていたコンクリートの塊からやっと開眼。他の地蔵の台座等も直しお引渡し。
先代住職の心のこりがひとつ取れて、安らかに七回忌供養が営まれることを願っております。合掌。

贅沢な除幕式



Seiji Ozawa is unveiling of the monument.
サイトウキネンフェスティバルで盛り上がる松本です。
 昨晩は大野和士さんの指揮で「ツァラトゥストラはかく語りき」を見せていただき感激していましたが、本日はもうひとつイベントがありました。
 第1回のときに植樹した百日紅の横に立つ標柱が朽ちてしまったため、石で作ってくれとの注文を実行委員会から受け、六方石で製作いたしました。先日設置も終わり本日はお披露目ということで、なんと総監督の小澤征爾さん始めオーケストラメンバーが除幕して下さいました。
標柱くらいでこんな贅沢な除幕は初めて。除幕のあとには小澤さんと2ショット写真も撮っていただき2日間素敵なドキドキが続きました。
 (うーん、珍しくめざましの占いが当たってた)

Card Holder Stand

Table Menu and Card Holder Stand (Use a magnet) 
これは半分にカットした自然石に磁石を埋め込んで、メニューやカードなどを挟めるようにしたホルダーです。1月にお手伝いしたフランス料理の世界コンクール、ボキューズ・ドールの本大会で日本チームのメニューホルダーとして使用していただきました。今回浜田シェフから追加注文があり、表情の違う5つの石ころで再制作しました。

ストーンミル

リクエストがあり、石のスパイスミルを作ってミル。いろいろ考えた挙句伊達冠の玉石を半分に切って本体を製作。石の摺棒は中国の御影石。ちょっと野趣溢れる贅沢なものになってしまった。

常念

久々に仕事の写真。豊科にある法蔵寺の参道に笠原蜻蛉子さんの句碑を建立。昨日は除幕。
「常念の 彼方は浄土 秋彼岸」 
昨年の秋彼岸に読まれた句が、春彼岸に建てられたというわけです。
碑は山辺石。台座は普通なら野面でしょうが、敢えてニューインペリアルレッドを磨いて合わせました。 この碑を見ながら顔を西に向けると、常念岳が見えるという趣向です。
ご参拝のおりにはお立ち寄りください。

もうじきお盆


西武での個展にお出かけいただいた皆様ありがとうございました。なかなかブログ更新もできず、お礼の言葉が遅れ申し訳ありません。夏に展覧会はやっぱり大変だと少し反省しております。

今年の松本は6月30日の「地震」という、思わぬお客に市内の石屋は右往左往してしまいました。とりあえずお墓の片付けもようやく先が見えてきました。とは言え、お盆に間に合わない箇所もまだたくさんあると思います。石屋仲間には100件を越す直し仕事がきてしまったところもありました。地震の後の、まだ手付かずのお墓の様子を少しアップします。共同墓地は、それぞれにぶつかりあい、どこから手を付けていいのかわからない状態でした。





市の南の方面に被害は集中していました。この現場はまだ良いほうです。
穏やかに迎えられるお盆になりますよう、今週いっぱい市内の石屋さんは走り回っております。ご迷惑もおかけするかと思いますがよろしくお願いします。
 

祖父の狛犬






市内、猿田彦神社の狛犬。実は私の祖父が制作したもの。
松本石匠組合百周年事業の準備でいろんな石の写真を撮っていて、これがあることは知っていながらなかなか行かれなかった猿田彦神社を初めて訪ねた。 近くにいた私服の方が思いかけず宮司さんで、話をしたところ「大変バランスがいい狛犬です。他も見て歩きましたが一番好きです」と、うれしい言葉を頂き感激。祖父が他界して35年になるが、こうして残った仕事が評価され見ていただけることに、誇りとともに身の引き締まる思いがした。                                                       

先日旅行で信州に来られた京都のお客様。大安の日に道祖神を届けてほしいとのことで、
本日、日帰りで京都へ納品。(今回は外注製品)
せっかく来たのだからと、近くのお寺を参拝。


車で5分で金閣寺。


その後、道なりにある龍安寺も立ち寄る。
午後一には京都をたち、昼飯はサービスエリア。
思いもかけず弾丸ツァー。


伊藤石材店/自遊石Home-

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from jiyuseki. Make your own badge here.
Hirotoshi Ito

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM